1年間の中にはレスポンス広告を出してよい(レスポンスが上がる)時期と悪い(レスポンスが上がらない)時期があります。このタイミングを知らずに出稿して「期待を裏切られた」などの話もよ
く聞かれます。
(1)効果がないとされる時期(タイミング)
「年末年始休暇·ゴールデンウィーク·お盆休み」などの大型連休の直前および最中これらの休暇期間は忙しいだけでなく、個人の事情などから、家や会社を不在にする割合が高いとされています。そのためレスポンスも下がる傾向にあります。
(2)効果が期待される時期(タイミング
①ボーナスの3~4週間前
ボーナスの3~4週間前ぐらいの期待がふくらむ時期
②セールやキャンペーンの実施時期の3週間程度前
主に集客を狙う場合の新聞やDMは、その開催日の3週間ぐらい前のリリースや発送が最適タイミングです。また、折込チラシなど地域店舗での土日集客の場合には、ウィークデイ (前々日朝
刊、前日朝刊)にリリースすると効果的です。
③法人向けは月曜日に必着
会社関係の方は、月曜の朝にはほとんどすべての書類や新聞などの関連資料に目を通すことになります。このタイミングでDM発送やマス媒体のリリースを行うことで注目率が高くなります。
④個人向けは週末に必着
多くの家庭では、郵便物は土曜日もしくは日曜日にゆっくり見ることになります。そのタイミングを外さないでDMを送ると開封率も上がりレスポンスにも跳ね返ってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *