実施した広告の効果を測定すること 。広告の重要な使命は、広告目標の達成である 。その目標 は販売戦略に基づくもので、 あらかじめ効果を予測して設定されている 。広告実施後に予定した 効果が得られたかどうかを知るに は、感覚ではなく 、数量データに よって確認する 。 一般的にアンケートなどによ って購入者に聞く方法がとられている 。 その内容は、どこでそのチラシを見たか、そのセールの印象はどうだったか、その好感度は以前より増したか、商品を購入して満足しているかなどを開くことによ って、広告の効果を知ることができる 。 また 、 もっとも明快なのは集客人数、売り上げである 。もちろん、その数字がそのまま広告効果を表 しているとは考えられない 。品揃えの問題、サ ービスの問題、店員の対応の問題などがあるからだ。 しかし、次のチラシを考える参考データにはなる。 そういった意味で広告の評価を数字に頼るのではなく、次に生かすための資料ということで効果を測定することが基本です。