デザインもまたビジネスである。ビジネスである以上、その仕事からどの程度の利益が上がるのかを知っておく必要がある。一般的に、 デザイナーと営業は別と見なされており、仕事に関する見積りにデザイナーはタッチしないことが多い。その理由は、会社の経営事情を知られたくないということがもっとも大きい 。 これまでは、経済性を考えていると創造行為か、鈍るという理由もあった。また、逆にその仕事の売上高を社内で競い合わせる所もある 。デザイナーにとっては、全く知らされ ないのも 、ノルマの材料にされるのも決していい影響にならない。 デザインはビジネスという本質がある限りデザイナーも経済観念を持つことが当然である。デザインするときに、経済的な制約を考えない方が良い発想につながるというのは、 間違っている 。デザイナーは常に与えられた条件の中で、最大の効果が上がるようにデザインをすべきである。 デザイナーが特に意識しなければならないのは、資料収集費、図版(イラスト)作成費、 写真撮影費(レンタルの場合もある)、印刷費、配布手数料である。クライアン卜からの予算提示かあった場合は、その範囲内で制作するにはどうしたらよいかを考える。 印刷に関係するものは、印刷屋任せではな く、日頃より複数の印刷屋の料金の傾向を知っておくとよい。特に、用紙はデザインの効果に大きな影響を与えるので、種類や単価を知っておくことが望ましい。ただし、紙の単価はメ ーカーは公開していないので、紙の 小売店に確認するようにする。 予算を組むということは 、その基本に自分が担当する仕事の代価はどの程度かを認識する ということである。見積書の作成に関しては、 上記項目に通信費や送料などの他に特殊なもの (例えばダミー制作費)が加えられる場合もある。