デザインは不特定多数の人ヘメ ツセ一ジを送るためのものである。デザイナーは見えな い相手を想定して、内容を決めてい く。手紙は、相手がよく分かっているので書きやすい。 また、 分かっていれば親身にな って書く こと ができる 。デザインも同じでメ ッセーシを送る相手がはっきりしていた方がやりやすい。 ターゲットを想定するためには、その相手がどこに住み、性別や年齢がどのような人であるかを決めていく 。もちろん、この人とい うのは一人ではなく複数であり、集団である。 この集団がどのような傾向を持ってい るか、 あらかじめ調べることになる。 調べ方にはいろいろあるが、チラシを作ろうとしている商店ならば配布先は地元中心 になるので、地元であればその地域の特性は把握しやすい。また、把握しないで営業はやっ ていけない。日常の営業活動の中で、役立つ情報の収集は怠れない。 では、その地域のことを何も知らないメーカ一等の場合はどうか。この場合は、各自治体が出しているエリア情報を確認するか、実際にその場所を歩いてみれば、かなりのことが把握できる。高年齢層が圧倒的に多いエリ アに進学塾のチラシを配っても効果は出ない。 調査もあまりせずに出店し、早々に撤退し ていく例は多い。他の所で成功したからといって、どんな場所でも成功するとは限らない。 魚がいない川に糸を垂れても、魚はかからな い。魚が群れている場所を探すのが、マーケ ティングリサーチである。アンケートや対面調査などを実施すれば、かなりの費用がかかってしまうが、公表されている種々のデータを 利用すればほとんど経費はかからない。 特に重要なのは、日々来店してくれる客か ら情報を得ることである 。アンケー卜もして もらいやすいし、観察もしやすい。ターゲットを定めるには、観ることから始まります。